Chatwork(チャットワーク)とは?利用シーンやメリット・デメリットを紹介します

Chatwork(チャットワーク)は、仕事で必要な連絡のやり取りなどのコミュニケーションから、オンライン会議まで効率よく仕事をサポートしてくれるビジネスチャットサービスのひとつです。

他にも様々なビジネスサポートツールがありますが、本ページではChatworkの特徴や使用に際してのメリットやデメリットなどを分かりやすく紹介します。

タップできる目次

チャットワークは連絡をやりとりするためのコミュニケーションツール

Chatworkは、国内企業であるChatwork株式会社が提供するクラウド型ビジネスチャットツールです。

字のごとく、チャットをすることで様々な人とコミュニケーションを取る事の出来るツールです。

これまで私達は、

  • 通話は電話
  • メッセージのやり取りはメールやメッセージアプリ
  • オンライン会議はオンライン会議ツール

を利用していましたが、Chatworkを用いることでそれらの事をひとつで行う事が可能になりました。

ChatWorkは国内で最も利用率の高いアプリの一つであるLINEのような感覚で使用でき、画像や資料などのデータが必要な時は添付も可能です。

タスクの作成で依頼したタスク、依頼されたタスクの把握もできます。

その為、テレワークなどで業務の効率化を考えているのであれば、Chatworkは非常に使用しやすいツールと言えます。

チャットワークは様々なシーンで使用が可能

Chatworkは主に仕事で使うツールですが、そうでなくても仲間内で何かの計画を立てたりするのにも使用できます。

例えば、プライベートで特定の人を誘っての連絡のやり取りも可能なので、公私共に使用できます。

絵文字なども使用でき、LINEのように仲間内で作業をしながらプライベートチャットができる点もChatworkの大きな特徴。

スマートフォンだけでなく、パソコンやタブレットと様々なデバイスで使用も可能なので、外出先からなど様々なシーンで使用ができます。

グループチャット、会議が可能

Chatworkは、個人間のメッセージのやり取りのほか、グループでチャットのやり取り、会議もできます。

ビデオ通話をすることで、遠方にいる社員や顧客と顔を見ながらの会話が可能になります。

ビデオ通話中に画面共有も可能なので、何かしらのトラブル解決やリモートでのサポートにも一役買ってくれる優れもの。

このようにChatworkは、テレワークや対面せずにさまざまな対応が求められている中、非常に有用なツールと言えます。

Chatworkはその便利さから多くの企業が導入し、日本国内利用者数1位(2019年)、そして日本の生産性向上や働き方改革に総合的に貢献している企業として「High SOCS(ハイソックス)賞」を受賞という、第三者機関からも評価されているツールです。

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
Chatwork、BOXIL SaaS AWARD 2019で最優秀賞である「High SOCS(ハイソックス)賞」を受賞
Chatwork、BOXIL SaaS AWARD 2019で最優秀賞である「High SOCS(ハイソックス)賞」を受賞Chatwork株式会社のプレスリリース(2019年3月4日 16時00分)Chatwork、BOXIL SaaS AWARD 2019で最優秀賞である[High SOCS(ハイソックス)賞]を受賞

Chatworkの料金プラン

Chatworkの料金プランは以下の通りで、有料プランは3つあります。

Chatworkプラン

Chatworkプラン紹介のページ(https://go.chatwork.com/ja/price/)より
  • パーソナル(月額400円)
  • ビジネス(月額500円)
  • エンタープライズ(月額800円)

上図の左2つ、フリーとパーソナルの違いは以下の通りです。

  • グループの参加数(パーソナルなら無制限)
  • 複数人でビデオ・音声通話ができるかどうか
  • ストレージの違い(フリーなら5GB、パーソナルなら10GB)
  • 広告の表示・非表示(フリーなら表示、パーソナルは非表示)

コンタクト(特定の個人の登録とチャットのやり取り)はフリープランでも無制限です。

上図の右半分のビジネス・エンタープライズについて、ビジネスはパーソナルにユーザー管理が可能になったもの。

エンタープライズは専用URLや社外ユーザーを防ぐことで情報漏洩を防ぐことができるプランです。

少なくとも仕事でChatworkを使用する場合は、パーソナルプランは必須と言えるでしょう。

Chatworkのメリット

Chatworkのメリットは様々ありますが、その中でも特徴的なものを紹介します。

チャット形式なので過去の履歴が見やすい

Chatworkはチャット形式なので、過去のやり取りなどの履歴を見るのが容易です。

例えばメールの場合、いちいち開かなければいけないので、いくつかのメールをチェックするのは非常に面倒。

Chatworkは過去のやり取りもスクロールする事で一目で確認する事が出来ます。

ファイルのダウンロードも同時にできる

Chatworkはメッセージにファイルの添付が可能なので、資料を添付する事が出来、何かしらのトラブルで緊急で資料が必要になっても問題ありません。

Chatworkのグループ内でデータが共有されていれば、すぐにダウンロードし確認できます。

仮に共有されていなくても、グループ内の人に呼び掛けることで気付いた人が対応する事が出来るので、色々なシーンに対応が可能です。

自分のデータ保存用としても利用できる

Chatworkは「マイチャット」という項目もあります。

マイチャットは、まだ作成途中の資料や業務上のちょっとしたメモ代わりに使用し、以下のような使い方ができます。

  • 作成途中の資料をマイチャットに入れて別のデバイスで編集(自分の中での資料の共有化)
  • 機器の故障など、何かがあった時用の資料の格納庫としての使用
  • 思いついたアイデアを書き留めたり、誰かの言ったことを忘れないようにするためのメモ帳としての使用

Chatwork内のマイチャットは、考え方次第で様々な活用の仕方ができます。

Chatworkのデメリット

このように様々なメリットのあるChatworkですが、もちろんデメリットもあります。

便利な中でも弱点となるような所はどこか?それもあわせて紹介します。

無料のプランだと、登録できるグループは14個まで

無料で使用できるChatworkですが、無料版で登録できるグループは14個までで、必要なくなったグループを削除すれば一枠空く、といったものではありません。

登録すれば一枠とカウントされ、それが14個になると、それ以上の登録ができません。

仕事で使用していれば、14個なんてすぐに満たしてしまいます。

Chatworkを一時的に超短期間でしか使用しないならそれでも良いですが、通常の仕事やテレワークで使用するなら有料版でないと仕事になりません。

無料で使用したいと考えている人にとっては、この枠はかなり大きな壁になるのではないでしょうか。

やりとりが多いとスルーされるケースがある

チャット形式という手軽さが魅力のChatworkですが、その手軽さがあだになるケースもあります。

参加人数の多いグループや、活発にChatwork内でコミュニケーションを取っているグループの場合、非常に多くのやり取りがされているのに面食らうことでしょう。

これは例えるなら、Twitterのフォローしている人のツイートリストやグループLINEのやり取りの多さについていけなくなるというのと感覚が似ていると言えます。

Chatwork内でそういった事が起きうるので、必要な事がスルーされてしまう可能性が十分にあります。

絵文字の使用も出来、非常にコミュニケーションがとりやすいツールだけに、ちょっとした雑談が行われるとどれが重要か分からなくなるかもしれません。

複数の話が並行すると分かりにくくなる

これは先ほどの項目でもお伝えしましたが、タスク管理をしても、さまざまなところでタスクが起こっていると確認漏れや期限に間に合わないなど逆に業務に支障をきたす可能性があります。

タスクごとに進捗状況を確認したり、タスクを並行して並べたりする機能まではChatworkにはありません。

そのため、もし一つのプロジェクトで様々なタスクが発生する場合は、グループを分けるか、別のツールの使用を検討すると良いでしょう。

まとめ

Chatworkについて、特徴やメリット・デメリットを紹介しました。

Chatworkはチャット感覚で使えますが、無料プランだと使用に大きく制限がある事と、タスク管理が難しく感じることがあるのがネックです。

ただ、非常に使いやすく、有料プランも安価なので導入しやすいツールと言えます。

制限はあるものの、まず無料での使用が可能なので、検討しているのであれば一度使用してみる事をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる